日焼け止めについて

ご存知ですか?UVは、シミ、そばかすの原因となるばかりではなく、シワやたるみの端緒にもなっていることを。UVは肌の弾力を生み出す元であるコラーゲンを破壊して、皮膚の老化を過程させます。だから、ありとあらゆるエイジングサインを引き起こしてしまうという原因。

UVを受けるのが3分以上という短い時間であっても肌はダメージを受けてしまうので、外へあるときはことごとく日焼け止めを塗りましょう。仮にコンビニエンスストアへ行く、くず取り出しをする、洗濯物を乾かすというように、わずか総和分であってもUV戦術は必要なのです。

そこで必要なのは日焼け止めですが、種類が数多くSPFやSAといったマークまで様々なので、選ぶのも難しいと感じている方もいるのではないでしょうか?そういう日焼け止めの種類、勤め、効果的用法を覚えておいて、購入時や使用時に役立てましょう。

いまさら聞けない…SPFやSAの所感。

UVにはA波(UVA)とB波(UVB)があり、前ヒューマンは衣服を通り抜けて肌の奥深くまで届き、コラーゲンを破壊します。こういうA波を防ぐ基点がSAで、+の総和が多いほど効果が厳しいことになります。

一方B波は肌公への効力が激しく、肌が黒くなる直接の端緒とされている物。これによって肌が影響を受け関わるまでに約20分かかると言われていますが、SPFの数は影響を受けする日数をひきのばせるかということを示しています。たとえばSPFが15のこと、20分×15=300分ということになり、日焼けを5日数食い止められるということになります。エンビロンの効果がわかる口コミサイト