野菜を食べよう!体の健康のために『annuaire fr』

低身長の場合の医療機関の利用について

子供がクラスの中で1,2番目に背が低い場合は、医療機関で低身長の治療を受けることができるケースがあります。

 

 

具体的には、将来的に身長が160cm未満になりそうというレベルの場合です。医療機関で低身長症と認定されれば、治療の際に医療費助成制度を利用できるので治療費も安くすみます。

 

 

両親の身長が低い場合、子供の身長が低くなる可能性は高いですが、中には病的に脳下垂体の全前葉部分に異常があり、成長ホルモン刺激ホルモンの分泌割合が平均値よりも著しく低い場合があります。

 

 

このような場合には、クリニックで成長ホルモンの検査を行い、成長ホルモン注射などの治療を受けたほうが良いでしょう。

 

 

また逆に、脳下垂体に腫瘍があり、成長ホルモンが過剰に分泌されることもあります。この場合は将来的に手足が異常に大きい巨人症に該当する場合もありますので、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。

 

 

身長というのは子供にとって非常に重要な要素になります。

 

身長によってグループ内の序列が決まるケースもあります。思春期の子供にとってグループ内の地位というのは大きな意味を持つのです。背が低いことでのコンプレックスを持つ人は実際に多いです。今では身長を伸ばすサプリもありますからね。

 

もちろん身長よりも中身が大事というのも理解できますが、身長を伸ばす手助けを親がしてあげた方が良いでしょう。