野菜を食べよう!体の健康のために『annuaire fr』

野菜を食べて有害金属汚染を抑える

 

2011年3月11日東日本大震災で放出された放射能により、野菜に対する目が変わりました。それまでは放射能に対してそれほど気にするユーザーは少なかったのですが、この災害によって放射能に対する目は厳しくなりました。それに伴い、放射能以外の有害物質についてもきちんと検査行ってから販売する野菜業者も増えてきています。

 

有害金属について

あるクリニックの医師の話ですが、「放射能以外にも、有害金属の汚染も広がっているのです。有害金属には、発がん性が明らかなヒ素やカドミウム、水銀などが含まれているからです。」有害金属が原因で、症状不明の病気に悩まされている患者も増えてきています。

 

これは私の主人の話ですが、若い頃金属を切る仕事をしていたときに、原因不明の微熱が数年間続いていたそうです。その仕事を辞めてからは微熱もおさまりました。これは、有害金属の物質が、体内の中に蓄積されてしまい、それがアレルギーとなって微熱と言う形で現れていたのです。

 

野菜を食べて有害金属汚染を抑える

ちなみに野菜を食べることで有害金属汚染を抑えることができます。タマネギやブロッコリー、緑黄色野菜やニンニクや青魚などは良い食べ物です。体の中に栄養のバリアを張り、有害金属に含まれる物質のリスクを減らすこうかがあります。

 

野菜を食べて有害金属汚染を抑える関連ページ

こうじカビ
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!