野菜を食べよう!体の健康のために『annuaire fr』

小かぶら

 

かぶらの品種は、聖護院かぶらや天王寺かぶらのような「和種系かぶら」と、飛騨紅かぶらや金町小かぶらのような「洋種系のかぶら」の2種類に大きく分けられています。

 

その中でも特に注目されているのが、京野菜の小かぶら(京小かぶら)です。

 

京小かぶらは和種系のかぶらで、表面はとても滑らかでまるで京美人のお肌のような、しっとりとしていていると言われています。小かぶらのなかでも特に美味しいと言われる聖護院かぶらにも負けないほど美味しいと言われるのが、京小かぶらなんです。しかも料理にもすごく適しています。小かぶらは葉っぱのままで一緒に料理することができるので、倹約好きな人にとっては、とても優秀な野菜といえます。

 

では、聖護院かぶらのほうはどうかというと、京都の人から見ると固くてガシガシしていて、すごく食べにくい!と言って、捨ててしまう人もいます。ところが京小かぶらに関してはそうではありません。葉っぱごと一緒に油揚げと煮てしまいます。このことは漬物にするときでさえ応用されます。つまり京小かぶらは、葉っぱも一緒に漬け込んで、かぶのほうは輪切りにして、葉っぱもみじん切りにして食べるのです。最近は洋風料理も登場しますし、葉っぱのすべてを使ってしまうという、京都式倹約料理法も人気が高まってきています。

 

小かぶら関連ページ

ニンジン葉
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!
水菜
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!
日野菜
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!
聖護院かぶら
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!