野菜を食べよう!体の健康のために『annuaire fr』

水菜

 

水菜といってもいろいろあります。葉っぱが細裂しているものを一般的に水菜、または京菜、切水菜などと呼ばれます。一方葉っぱに切れ込みがないものを壬生菜(みぶな)、または丸水菜といいます。これらを総称して水菜と呼びます。

 

  • 切水菜

鯨の尾の身と一緒に使うのはりはり鍋で有名ですが、最近ではクジラか高くなって、鯨の代わりに油揚げを使う「アブチリ鍋」が大変好評で広まっています。

 

  • 壬生菜

千枚漬けを買ったときに、昆布と一緒に付いてくるのがこれです。最近ではその柔らかい性質が生かされて、サラダと一緒に使われることが多くなってきました。

 

切水菜、丸水菜はそれぞれ大株と小株の状態で売られていることが多いです。昔は両方とも大株が中心で、ただ秋の松茸の時のみ丸水菜の若い小株の束が出回る事でした。しかし最近は、柔らかいものを好む傾向があるのか、ほとんどが小株の束になりました。また、ハウス栽培が進んでいて1年中、水菜が手に入るようになりましたが、やはり冬の寒い京都で大株の水菜を、ダイナミックに召し上がっていただきたいものです。やはり冬の水菜はとってもおいしいですからね!現在では1年中収穫・出荷が出来るようになっていますが、やはり季節に合った野菜を食べるというのは、いちばん大切なことです。

 

水菜関連ページ

ニンジン葉
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!
小かぶら
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!
日野菜
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!
聖護院かぶら
体の健康のために食べる基本食は野菜です。おいしい野菜を健康的に食べるために、毎日いろいろな野菜を食べましょう!